非アクティブのDQXをキーボードで操作する仮想ゲームパッドVJoy

「VJoy」はWindows用のフリーソフトでキーボードからの入力を仮想のゲームパッドデバイスとしてソフトウェアに伝えるプログラムです。

……ええとたぶんそんな感じだとは思うのですが、調べると色々な形態のツールがVJoyの名前を使っており英語の情報がほとんである事もあり全容や製作者の意図などは謎な感じです。 しかしうまく使えば便利そうなソフトであることは確かなのでそれでも大丈夫だという人は自己責任で使ってみてください。

おそらくですが現在本家(http://vjoystick.sourceforge.net/site/)で公開されているものはドライバとSDKだけで、それらを用いた派生ツールが各所で公開されているという感じでしょうか? SDKを使って自分でどうにかできるのであれば本家の最新版を使うと良いでしょう。

今回はこちらを使ってみました(試用環境 Windows8 ドラゴンクエストX Ver.2.4.1a)

Headsoft VJoy Virtual Joystick Driver http://headsoft.com.au/index.php?category=vjoy ベージ下部のリンク”VJoy Virtual Joystick Driver v1.2 (Includes key to joy application)”から「VJoySetup.exe」をダウンロード インストールは流れの通りに

ドライバのインストールを促されるのでインストール

インストール完了後、OS上でゲームコントローラーとして認識されている事を確認

起動するとタスクトレイに常駐する タスクトレイアイコンをクリックで設定画面に

1 Enabled にチェックで入力を有効に。普通にチャット入力したい時などはチェックを外す。

2 Joystick Device ジョイパッドを2つ設定できる(2垢操作などで使い分けられる)

3 Block Keysにチェックで設定したキーを押しても通常の文字入力がされなくなる

4 Auto Centerにチェックしないとキャラ移動に設定したキーを離しても移動し続ける

5 Launch on Startup システム起動時に自動的に常駐

6 設定をiniファイルとしてインポートもしくはエクスポート

キー設定はDQXのコンフィグとの兼ね合いや使用しているキーボードによって変わってくると思いますがこんな感じにしてみました。

DQXのコンフィグからゲームパッドの設定へ 「VJoy Virtual Joystick」が2つあると思うので上で設定したほうのものを選択

ゲーム画面が非アクティブでも反応するにチェック

移動、カメラ操作、コマンド選択などバックグラウンドでも問題無く動作する事を確認した。

で、これってどういう場面で役に立つの?

そんな事言われると下を向いてモジモジするしかなくなるのですが。キーボードで操作できるってことは…ほら、ね? とりあえず1つのキーボードで2垢操作できるのは便利なんじゃないでしょうか。自分は1垢なので試してませんが。 他には急にワイヤレスコントローラーの充電が切れちゃった時とかに使える!やったね!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする