最近の日課 試練買い~ドレアム~旧災厄

Ver.3.1の宝珠関連の変更を前に今は試練を買う人が少なくなっているようです。そのおかげで自分のようなポツコンでも緑玉で拾ってもらえる事が多いです。

少し前の一時期によく見られたガチガチテンプレ編成で流れ作業のように終わる試練とは雰囲気が変わっていて、ほのぼのとしたパーティーに誘われる事も多く、野良パーティーならではの楽しさを味わう事ができます。

ドレアムは戦士のオートマッチで参加しています。今は戦士の参加者が多く、最大時は4人が戦士だったという事もあります。戦士が複数いると真やいばやチャージタックルを入れる順番の連携が少し難しいです。

連携の前にそもそもDQXのゲージシステムや壁の意味を全く理解していない人がいる事もあり、それはもうどうしようもありません。自分も偉そうに説明できるほど理解していませんし、倒せるならそれはそれで。

ドレアムもおそらくパラディンを極めた人が本領を発揮できるコンテンツだと思うのでいつかは自分もにおうだちできるようになりたいものです。

災厄は短時間で終わる旧災厄だけパラディンでオートマッチしています。パラディンだとマッチ速いような気がします。 これでお金取られるのは何だか納得いかない……。食事代かな!

マッチ後は誰よりも速く扉に辿り着き特訓元気玉を使う事でメンバー全体に「このパラやべえかも!」という緊張感を与えています。

自分のパラディンではヘビーチャージしても一人では旧災厄に押し負けます。重さを極めたパラディンなら一人で抑えこめるんですかね。他職で参加する時、パラディンが一人の場合は壁に参加するかタゲ下がりするかしたほうが良いでしょう。

パラディンを含めてハンマー(キャンセルショット)が少ない場合戦士さんがタックルで詠唱キャンセルしてくれる事も多いですがノックバックで位置がずれると自キャラが敵の体にめり込んで干渉できずにすり抜ける事があります。あれはパラディン側の操作で回避できるのでしょうか。パラディンの道を極めるためにはまだまだ知らない事が多そうです。

パラや戦士等の壁に入りつつ敵のスキルをキャンセルする職をやる場合はドワーフから人間にチェンジしてやるようにしています。重さが少し増える事と、視野の高さ(カメラの垂直位置だけではなくFOVまで違う?)で敵のスキル吹き出しが見やすいように。

視野の件はなんとなくそうじゃないかとは思ってましたが先日の夏祭りの質問コーナーでやっぱり種族(身長)で違いがあったのかと。ドワ好きですし人間になるのは何だか屈辱的な感じすらありますがこれは仕方ない。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする