道具鍛冶はじめました

ランプ錬金、さいほうに続く3キャラ目は道具職人にしてみました。 家具いっぱつ仕上げ3時間程でレベルは34に。

ここまでで元気玉1個と200万ゴールドくらいが消えて無くなりました。

家具が売れれば少しは戻りますがなかなか難しそう。

家具&庭具について初めて知った事

・削り数値を規定値に近付けても星は付かないが職人経験値は増える

・大成功時はレアカラーになる(そこそこ高く売られている)

・売れても職人評判は上がらない(そもそも家具&庭具には作成者情報が記録されていない)

鍛冶職人自体が初めてなので、一発仕上げのためのコツを取得するまでがなかなか大変です。 裁縫で慣れ親しんだ再生や虹にあたる素材特性も、ターンごとの周期ではなくて温度によって発生する仕組みのもよう。そしてその温度を調整できる特技が3つ存在している。Lv47で熱風おろしを覚えてからが温度調整の奥深さを味わえる本番になるのでしょう。

裁縫は基本的に大成功が当たり前で、綱渡りをしてるような緊張感がありました。大成功が続くうれしさより成功のガッカリ感が大きく感じられてしまう。

道具鍛冶はギルド本部で作業していても大成功メッセージがほとんど流れないんですよね。おそらく平均的な大成功率は裁縫よりもずっと低い。もちろんその大成功率の中で熾烈な競争はあるのでしょうが裁縫よりも神頼み成分が多いだけにプレイヤー毎の差が付きにくいのではないかな。

商材の選択肢が少ない点は良い所と悪い所の両面がありそうです。ランプ錬金の商材を考えて、考えるだけで一日が終わってしまう事があるような自分にはメリットが大きいかもしれません。

いつかは自分で作った針と虹オーブで裁縫して、自分で作ったランプで錬金できるようになると良いな。とりあえず光の職人道具を目指してがんばるぞー。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする