全職Lv85になりました

復帰したのが去年の12月なので7ヶ月ちょっとかかりましたが、ようやくカンストしました。総プレイ時間は1270時間。カンストを目標にプレイしていたわけでは無いですが一応の区切りに。

特訓ポイントを見ると自分がよく遊ぶ職がわかりますね。

カンストした順番は僧侶→魔法→スパ→まも→盗賊→旅芸→武闘→賢者→踊り→バト→魔戦→戦士→レン→パラ→道具 最初は僧侶でサポとヒィヒィ言いながら冒険してましたが、少し慣れてきた所で魔法使いで野良パーティーに潜り込む事を覚えました。レベル上げにメタル持ち寄りや試練の門を使うようになって徐々にパーティーに慣れて行きました。

色々な職を自分で実際に操作してみる事で、パーティーメンバーがしたい事がなんとなくわかるようになるのが楽しいです。

ネットゲームでは基本的にソロか気心の知れた身内パーティーが中心で、野良には消極的な方ですが、ドラクエ10ではわりと気軽に参加できています。

基本的に誰でも勝てるように作られてるのがドラクエならではのバランスなんですよね。戦闘の立ち回り等は上級者が言葉で説明しようとするとややこしく感じてしまうけれど、だいたいはてきとーでもガッツでなんとかなっちゃいます。多分何年か後にドラクエ10というゲームを思い返した時に浮かぶのは何回も繰り返したテンプレ通りのPTの事ではなくて、ハチャメチャなお祭りで奇跡的に勝てたPTの事。

最近は戦士・盗賊・まもの使いあたりのごろつき職を使う事が多いです。インテリな僧侶・賢者はどうしても困った時に出す程度。

よく遊ぶコンテンツと出せる職

●戦士 ピラミッド 王家 災厄ドレアム コインボス

●盗賊 試練

●まも 宝珠狩り 討伐クエ

●旅芸 宝珠狩り

●僧侶 ピラミッド等で困った時に

●パラ スキル余ったので

今は戦士が強いのでどこでも行けちゃいます。200万ほどで揃えた装備なのでシビアな条件で募集しているパーティーにはマッチしませんが。

パラディンはほぼメタルで上げてしまいちゃんとしたバトルは全くやっていないのでプレイヤースキルは皆無です。なんとなくパラを極める事がドラクエ10の究極のクエストのような気がしています。「何のためにキャラを強化するの?」という疑問の答えがパラディン。金策もバトル経験も全てはパラディンを完成させるための過程にしかすぎないのではないかと。全てを守る人に私はなりたい。

期待していた不思議の魔塔はうーん。1ヶ月に1回登って指輪をもらうだけの場所になりそうですが今後階層が追加された時にはパラディンの存在が輝くんじゃないかと期待しています。記憶に残るバトルを味わいたいです!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする